CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
MENU
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
透析スタッフのためのバスキュラーアクセス超音波検査
透析スタッフのためのバスキュラーアクセス超音波検査 (JUGEMレビュー »)
村上 淳,廣谷 紗千子,末光 浩太郎,野口 智永,小野 淳一,八鍬 恒芳,小林 大樹,木船 和弥,山本 裕也,人見 泰正,小川 智也,真部 美穂,三木 俊,尾上 篤志,鈴木 敦,若林 正則,鈴木 雄太,瀧澤 亜由美,真崎 優樹,平山 遼一,下池 英明,若山 功治,佐藤 純彦,安部 貴之,鎌田 正,?森 佳
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< カリウムが通常の半分のドクターメロンです。 | main | QbとTMPでQsコントロールした前希釈on-line HDFの試み >>
個人用RO装置の65℃熱水消毒の試み

第24回 日本HDF研究会 2018年
【はじめに】当院では個人用RO装置のアルカリ洗浄と過酢酸消毒を月1回実施していた。しかし、真鍮製のプロコンポンプヘッド、フローセンサーの劣化による交換が頻発した。また、運転圧が低下、導電率とTOCの上昇を経験した。そこで、ICコントロールヒーターを用いた65℃熱水でRO装置の消毒効果を検証した。
【方法】東レ社の個人用RO装置TW-72Pで薬液洗浄モードにて温水による循環消毒を1時間実施した。ICコントロールヒーターはクマガイ電工社製のSCH-900SCを用いて循環タンクに投入して設定温度65℃、測定温度62度(非耐熱型ROモジュールの限界温度)を維持した。耐圧ホースはシリコン製に変更した。消毒頻度は週に1回とした。エンドトキシンと細菌数測定は、熱湯消毒実施前にサンプリングした。TOCと導電率は熱水消毒後の翌日にサンプリングした。
【結果】新品のROモジュールに交換後のET値は0.0033EU/mL、細菌数は1.3CFU/mLであった。その後、熱水消毒を定期的に実施してET値は0.0012EU/mL以下、細菌数は0.05CFU/mL以下に維持できた。導電率は2.07±0.2μS/cm、TOCは46.5±8.26ppbであった。
【考察】熱湯消毒後に1日3時間以上の停滞があると1週間後に3CFU/mL程度の細菌が観察された。また、ICUでの使用時にRO装置の移動でRO水給液ラインの脱着時はアルコール消毒を実施しているが、0.1〜0.15CFU/mL程度の細菌が観察された。装置移動後はRO水送液ラインの次亜塩素酸消毒は必要と考えられた。また熱水消毒において水棲菌ではAo値:600の処置は必要なさそうである。
【まとめ】65℃熱水消毒と3時間未満の停滞でRO装置の汚染は基準値未満であった。ICUなどでon-line HDFの実施も可能と思われた。また、部品劣化は観られなかった。スライド

| 清浄化とHDFの研究 | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.yan-hd.net/trackback/1292743
トラックバック