CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
MENU
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
透析スタッフのためのバスキュラーアクセス超音波検査
透析スタッフのためのバスキュラーアクセス超音波検査 (JUGEMレビュー »)
村上 淳,廣谷 紗千子,末光 浩太郎,野口 智永,小野 淳一,八鍬 恒芳,小林 大樹,木船 和弥,山本 裕也,人見 泰正,小川 智也,真部 美穂,三木 俊,尾上 篤志,鈴木 敦,若林 正則,鈴木 雄太,瀧澤 亜由美,真崎 優樹,平山 遼一,下池 英明,若山 功治,佐藤 純彦,安部 貴之,鎌田 正,?森 佳
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 超純粋水個人用RO装置の開発 | main | カリウムが通常の半分のドクターメロンです。 >>
次世代硬度処理装置を搭載したRO装置の最終結果

水道水を利用していたときは良好と思われた次世代硬度処理装置でした。


しかし、ある日突然原水の電動度とROの電動度が上昇した。病院の施設に問い合わせで地下水が混合されていることが判明した。災害対策らしい。災害時に上水道が止まって地下水だけの供給になったらRO装置は壊れるなと思いました。


それから次世代硬度処理装置ですが、レスコより指摘を受けました。緑色の変色は使用劣化とは異なり、銅による悪影響が強く疑われ、ポリマー本来の効果が発揮できていないかと思います。銅の悪影響として考えられる原因は以下と考えられていますが、

1)C11NSの原水側に新しい銅部材(配管を含む)があった場合、銅部材接液面が酸化するまで、銅が溶出する。

2)可能性としては低いのですが、原水中に銅を含んでいる、もしくは浄水場での消毒を塩素ではなくクロラミンを使っている。

一先ずこれらに心当たりがないか、ご確認いただきたいのですが。カタログにも記載しておりますが、MTF-NSポリマーは鉄・マンガン・銅等の金属物質に弱く、いち早く原因を解明すべきと考えます。※銅の水質検査をする場合は、朝一番(数時間水未使用時間帯を経た直後)の水を採水検査してください。

鉄・マンガン・銅等は検出されませんでした。それから院内の井戸水浄水処理プラントで使用している薬品も調べました。
・ 次亜塩素酸ナトリウム
・ 食塩
・ ポリ塩化アルミニウム
・ 重亜硫酸ソーダ
・ スケール分散剤 (フロコン260)


その後の返信です。

メーカーから回答があり、今回頂きました5種類の薬剤等につきまして、ポリマー変色の原因となるものは無く、やはり以前からの見解同様で銅(微量でも)の可能性が最も高いという事でした。このようにポリマーを変色さす水質も稀にあり、対策としましてCGフィルター(銅・鉛・亜鉛・カドミウム除去)を前処理に設置する提案がきておりますが、いかがなものでしょうか?また、ポリマー手前側水質にアンモニアは含まれていますでしょうか?


当然ですが、アンモニアは含まれていません。クロラミンの生成はないです。活性炭後の結合塩素の測定も毎週実施していました。井戸水浄水処理プラントを使用してる施設では使用不可かなと思います。スケール分散剤がNGではないかと考えています。


レスコがCGフィルターを提案するので個人用ROに設置してみました。NSポリマーも新品に交換してみた。しかし、NSポリマーは緑色に変色し、CGフィルターも緑色に変色した。


回答は、メーカーと今回の件について協議を行いましたが、メーカーでも事例が無いようで、CG濾材とNSポリマーを分析してみないと回答が出せないとの事でした。しかし緑色の変色は銅の影響には間違えないとの見解で、この現象の原因究明となるか否か、可能であれば、同系統にあるCG濾材とNSポリマーそれぞれ20-30ml程度乾燥させない状態で当社に送って頂けますとメーカーに送り込み分析を依頼する事が可能なのですが、この件についていかがなものでしょうか?

 

メーカーの検査結果としては銅の流出が多いとのことでした。朝の始動し始めなどの銅が出てしまうのでしょう。現在、CGフィルターは通常のプレフィルターと交換した。NSポリマーも撤去を考えている。井戸水浄水処理プラントの水では使用できないと判断しました。


井戸水浄水処理プラントの水は現在は混合されていないのか?原水は低値(60μs/cm)を保っています。しかし、混合されている時は、原水110μs/cm位となりRO水の電動度は1.7μs/cm→6μs/cm、TOC40ppb→120ppbにもなり水質が悪化する。混合でこの数値であり、災害時に地下水のみが供給された場合、透析が出来るのか疑問である。

| 透析液清浄化 | 13:45 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
地下水、井戸水を使用する場合は色々と面倒な事が起こりえますね。

川西先生は、使わないのがベターとのお話しでした。
| kusakari | 2018/05/23 8:41 PM |
そうですね。RO水の伝導度とTOCの上昇で気がついたのですが、何の連絡も無く水道水と地下水を混合して供給されていました。災害対策かもしれませんが不安はありますね。
| Yan | 2018/05/24 2:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.yan-hd.net/trackback/1292741
トラックバック