CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
MENU
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
透析スタッフのためのバスキュラーアクセス超音波検査
透析スタッフのためのバスキュラーアクセス超音波検査 (JUGEMレビュー »)
村上 淳,廣谷 紗千子,末光 浩太郎,野口 智永,小野 淳一,八鍬 恒芳,小林 大樹,木船 和弥,山本 裕也,人見 泰正,小川 智也,真部 美穂,三木 俊,尾上 篤志,鈴木 敦,若林 正則,鈴木 雄太,瀧澤 亜由美,真崎 優樹,平山 遼一,下池 英明,若山 功治,佐藤 純彦,安部 貴之,鎌田 正,?森 佳
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 個人用透析装置用洗浄剤 | main | 次世代硬度処理装置を搭載したRO装置の最終結果 >>
超純粋水個人用RO装置の開発

【目的】ダイセン・メンブレン・システムズ社の協力により新たな個人用RO装置FC-RE50Hの開発を行った。熱湯消毒(薬液熱水も可能)はカーボンフィルターからROモジュールまで実施でき、送液ラインの次亜塩素酸消毒もできる。RO水はループ配管にて常時循環により停滞しないシステムとした。

【方法】開発したRO装置にて週1回の熱湯消毒と次亜塩素消毒を実施。有機スケール除去目的に1ヶ月毎にアルカリ熱水消毒を実施した。エンドトキシンと細菌数測定は、熱湯消毒実施前にサンプリングした。TOCと導電率はアルカリ熱水消毒前にサンプリングした。

【結果】熱湯消毒は80℃以上10分の設定でAo値は11001300となった。RO水の導電率は1.67±0.21μS/cmTOC45±9.1ppbであり、停滞しない環境でのET値は検出感度未満、細菌数は0.05CFU/mL未満であった。

【考察】RO水の常時循環は、週間タイマーにより制御できる、。熱湯消毒後に1日3時間以上の停滞があると1週間後に3CFU/mL程度の細菌が観察された。ET値は、0.013EU/mLあった、また、ICUでの使用時にRO装置の移動によるRO水給液ラインの脱着時はアルコール消毒を実施しているが、細菌が観察された。装置移動後はRO水送液ラインの次亜塩素酸消毒は必要と考えられた。また、カーボンフィルター交換周期にてCaスケール除去目的でクエン酸洗浄も必要であろう。

【まとめ】ダイセン・メンブレン・システムズ社のFC-RE50Hは、熱湯消毒と次亜塩素酸消毒が実施でき、超純粋透析用水が製造可能な個人用RO装置であった。ICUなどでon-line HDFの実施も可能と思われた。スライド

| 清浄化とHDFの研究 | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.yan-hd.net/trackback/1292740
トラックバック