CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
MENU
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
透析スタッフのためのバスキュラーアクセス超音波検査
透析スタッフのためのバスキュラーアクセス超音波検査 (JUGEMレビュー »)
村上 淳,廣谷 紗千子,末光 浩太郎,野口 智永,小野 淳一,八鍬 恒芳,小林 大樹,木船 和弥,山本 裕也,人見 泰正,小川 智也,真部 美穂,三木 俊,尾上 篤志,鈴木 敦,若林 正則,鈴木 雄太,瀧澤 亜由美,真崎 優樹,平山 遼一,下池 英明,若山 功治,佐藤 純彦,安部 貴之,鎌田 正,?森 佳
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
透析液戻りラインの付着物
 平成20年6月〜カーボスター透析剤・PによるHD、HDFを多人数用透液析液供給装置を使用して開始しました。当院では、午前と午後の2クールの透析を実施しております。平成21年4月頃より午後の透析を実施しない装置(2台)の透析液戻りラインへ複合した汚れと思われる付着物を確認した。この汚れは通常の洗浄剤(次亜塩素剤やアルカリ化剤)で除去は不能でした。また、汚れの除去が不可能なため、汚れの堆積が進行していきます。



 

 この汚れの除去は、高濃度の界面活性剤で、8〜9 割の除去性が可能でありました。この時の酸洗浄は、過酢酸にて週3回実施しておりました。この汚れは、炭酸カルシウムと有機物の複合した汚れと推測して過酢酸による毎日の酸洗浄に切り替えました。



 午前に透析を実施して午後は透析しなかった装置より(自動洗浄前に)シリコンチューブを外し、軽く水道水で洗ってサンプルとしました。OCPC(オルトクレゾールフタレインコンプレキソン)法による定性と滴定法による定量を行いました。



結果
1.定性法(OCPC法)2本ともカルシウム検出(無色から紫色に呈色)
  検出下限:2.5〜7.5μg 取り扱い説明書による
2.定量法(滴定法)定量下限未満(2本合計)
  検出下限:定量下限約100μg

 1日での炭酸カルシウムの付着量としては多いと思われます。毎日の酸洗浄が必要と思われます。現在、次亜塩素酸ナトリウムのアルカリ洗浄と過酢酸の酸洗浄を毎日実施することで複合物の付着は認められません。また、以前に付着した汚れも完全に消失しました。カーボスターの導入では、酸洗浄の強化が重要と思われました。
| その他の研究 | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
余液受けの洗浄法の検討 − 第2報 −
透析液でプライミングを実施する場合は、余液受けの炭酸Ca除去が必要となります。そこでプライミング液を利用して炭酸Ca除去を行えるタブレットをネット上で探してみました。 余液受けの洗浄法の検討 − 第1報 −


左から、クリーンPONプラスフィニッシュ タブレットポット洗浄中

【アース製薬 フィニッシュ タブレットの商品詳細】
成分・・・界面活性剤(0.2%ポリオキシアルキレンアルキルエーテル)、水軟化剤(クエン酸塩)、アルカリ剤(炭酸塩)、漂白剤、漂白活性化剤、酵素
液性・・・弱アルカリ性
用途・・・食器・調理用具用(食器洗い乾燥機・自動食器洗い機専用)
使えないもの・・・漆器、アルミ食器、クリスタルグラス、カットグラス、銀食器・金線・銀線・上絵付の食器、その他お手持ちの食器洗い乾燥機の取扱説明書にて禁止されているもの。

【小林製薬 ポット洗浄中の商品詳細】
●水洗いや洗剤では落ちないポット特有の汚れをイオン洗浄で落とす。
●強い発泡力でポットのすみずみまでキズをつけずに洗浄。
●使い方簡単。発泡錠を入れて一晩おくだけ。
●除菌効果でいつも清潔。

評価 ポット洗浄中は、大変解けやすいのですが、錠剤が大き過ぎる点と高価なところが問題点となります。フィニッシュ タブレットは、やや難溶性ですが、タブレットの大きさもジャスト・サイズで価格も安価な点が有利と思われました。現在、7台の装置で2回/week使用しています。
| その他の研究 | 11:58 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
透析患者のゲルマニウムによる血行改善効果の検討
第51回 日本透析医学会学 2006年
【目的】近年、ゲルマニウムの血行改善効果が話題である。そこで、シャント肢の冷感、透析による四肢の冷感や牽引痛に効果があるか検証した。
【方法】冷感や牽引痛を訴える患者8人にゲルマニウムのブレスレット、サポーター、ソックス等を着けさせた。また、使用前後での冷感、牽引痛、痛み等をヒヤリングにて5段階評価した。
【結果】8症例全てで改善がみられ、実施前後でのスコアー評価の平均では、透析中の冷感4.3→1.5、牽引痛3.3→1.4、痛み2.4→1.5であった。自宅での冷感4.3→2.3、牽引痛3.3→1.8、歩行時痛み2→1.5、安静時痛み1.6→1.5、しびれ3.1→1.8と改善した。また、サーモグラフィーでも四肢の体表温度の上昇が確認された。
【考察】ゲルマニウムは、32℃以上でマイナスイオンを発生させるため室温の影響を受けやすい。冷感が強い場合はブレスレットよりもサポーターやソックスが効果的であった。今後は、温浴ボールを利用した足浴なども検討したいと考えている。
【結語】ゲルマニウムの利用で冷感、牽引痛、痛みを緩和させることが可能であった。 スライド
| その他の研究 | 18:02 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
余液受けの洗浄法の検討
 院内感染が厳しく追及される中で、おろそかに為りやすい「余液受け」の洗浄・消毒に注目した。しかし、メーカー指定は次亜塩素酸ナトリウムによる消毒であり、この薬剤を毎回流す作業は非常に煩雑と考えられた。そこで、プライミングに使う生食のみで簡単に洗浄出来ないかと多様な方法をチャレンジしたので報告する。 スライド
| その他の研究 | 18:59 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |