CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
MENU
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
透析スタッフのためのバスキュラーアクセス超音波検査
透析スタッフのためのバスキュラーアクセス超音波検査 (JUGEMレビュー »)
村上 淳,廣谷 紗千子,末光 浩太郎,野口 智永,小野 淳一,八鍬 恒芳,小林 大樹,木船 和弥,山本 裕也,人見 泰正,小川 智也,真部 美穂,三木 俊,尾上 篤志,鈴木 敦,若林 正則,鈴木 雄太,瀧澤 亜由美,真崎 優樹,平山 遼一,下池 英明,若山 功治,佐藤 純彦,安部 貴之,鎌田 正,?森 佳
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
最新の個人用RO装置

左:ニプロ(NCRxecoAo800)右:JWS(MZ-供

 ICUなどの急性血液浄化でも綺麗な水で透析をしたい。On-line HDFも実施したい。熱水消毒の出来るRO装置が是非欲しいですね。販売している2社のRO装置の比較表を載せてみました。また、電導度とTOCも測定してみました。NCRxecoAo800:電導度1.898μs/cm、TOC50ppb MZ-供電導度1.973μs/cm、TOC49ppbでした。個人用RO装置としては優れた数値でした。

機種名 NCRxecoAo800(600) MZ-()
メーカー ニプロ(三菱) JWS
原水量(L/min) 2.5 2.5(1.5)
透過水量(L/min) 0.8(0.5) 1.25(0.75)
モジュール膜 2インチ 4本(3本) 4インチ 2本(1本)
ヒーター 800W 700W
タンク ROタンク(1.5L) 原水タンク(10L)
熱水消毒 ○(活性炭×) ○(活性炭○)
アルカリ洗浄 ○(活性炭×) ○(活性炭○)
過酢酸洗浄 ○(活性炭×) ○(活性炭○)
次亜塩素消毒 ×
薬液タンク あり(要洗浄) なし(原水タンク注入)
原水電導度 ○(ms/m) ○(μs/cm)
透過水電導度 ○(ms/m) ○(μs/cm)
除去率
回収率
Ao値 ×
フロー図表示 ×
ETRF ×

 

| 透析液清浄化 | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
熱湯対応のクリーンポート
 8/26より熱湯消毒をスタートしました。
DAB-40Eのクリーンポートも熱湯に対応させました。
熱湯対応クリーンポートと旧型クリーンポートです。(東レ・メディカル)


残念なことに鉄板などに埋め込み取り付けが出来ません。


| 透析液清浄化 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オンライン測定に切り替えました




一分おきにTOCと伝導度を記憶させます。
現在、38ppb、1.57μs/cm

東レ(外注)
TOC(ppb)

HORIBA
TOC(ppb)

伝導度(μS/cm)
2012年8月22日 56 46 1.1
 
| 透析液清浄化 | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オンライン形 TOC計
 HORIBA HT-100


シンプルで大変使いやすかったです。現在はポータブルで使用ですが、オンラインでの測定も検討したいと思います。
外注検査と比較してみました。8月に再度比較を行います。

東レ(外注)
TOC(ppb)

HORIBA
TOC(ppb)

伝導度(μS/cm)
2012年7月18日 53 38 1.1
2012年7月23日 26 1.2
2012年8月1日 33 1.5
| 透析液清浄化 | 15:45 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
外注検査によるTOC測定
  T O C (ppb) 伝導度(μS/cm)
2011年11月16日 37 1.8
2011年12月16日 57 2.0
2012年1月25日 49 2.2
2012年2月14日 36 1.8
2012年3月14日 36 1.2
2012年4月12日 37 1.7

RO水のTOC測定を実施しております。
東レテクノで測定してます。依頼は東レメディカルにします。
| 透析液清浄化 | 20:21 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ROモジュールの汚れ
1ヶ月毎のROモジュール洗浄で洗浄液は真っ黒になります。
薬剤はダイラケミMAP+B剤(錆取り剤)で実施してます。


 
| 透析液清浄化 | 11:57 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
BD Qサイトを使用したサンプルポート
べクトンのBD Qサイトを使用したサンプルポートの使用評価です。白い部分にシリンジを直接挿入して簡単に採取できます。(この使用法はメーカーのサポート外です。施設の責任において実施してください。)

これは静脈用カテーテルアダプタです。それを透析液ラインに設置するものです。従って消毒剤による劣化と透析液採取時のコンタミを調査しました。

劣化は6カ月設置しましたがポリカーボネート割れることはありませんでした。また挿入部のシリコンからの水漏れもありませんでした。次にコンタミですが細菌数とエンドトキシンの測定においてデータが上昇するようなことはありませんでした。採取法としては、表面をアルコール綿で清拭し、乾燥したらシリンジを挿入して採取です。

上から東レのプラスチック製→東レのステンレス製→JMSのチタン製になります。
装着の感触ですが、東レのプラスチック製が一番フィット(奥まで入る)します。この採取ポートにより針を刺す必要がなくなりますのでプラスチック製で充分ですね。




| 透析液清浄化 | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム




ROタンクからのダイラケミHS(ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム)の洗浄を毎日実施することにより細菌数、エンドトキシン値は良好に維持できていました。そこで通常の次亜塩素ナトリウムでも二ヶ月ほど実施してみました。図は、ダイラケミHS 50ppm→次亜塩素ナトリウム 50ppm→ダイラケミHS 15ppm→ダイラケミHS 50ppmでの細菌数です。結果としては、ROタンク内では特に変化はありませんが、セントラルサプライでは細菌数の上昇がありました。また、ダイラケミHSでも50ppm以上の濃度が必要と思われました。

ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム:粉末型の中性塩素剤です。殺菌力は次亜塩素ナトリウムの80倍とも云われます。中性なので腐食性は低いが、塩素ガスの発生が多い所が欠点である。
| 透析液清浄化 | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アドバンテック 37mmモニター


37mmモニターが8月1日から70%の値上げらしい。透析液の細菌検査法も見直しが必要かも?
ニプロ販売の日本ポール 37mmクオリティモニターを購入の方が安価になりますね!
| 透析液清浄化 | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
逆浸透装置MIZ752

JWSのMIZ752(消毒機能追加仕様)です。
販売:日本ウォーターシステム株式会社


購入から半年ですが、タンクからのダイラケミHSの洗浄を毎日実施することにより細菌数は0.02CF/ml未満、エンドトキシン値は0.2EU/L未満で維持できています。
販売:クリーンケミカル株式会社


モジュール消毒/洗浄運転です。
1月16日・17日に3回目のモジュール洗浄(Femin LP-50とMINNCAR)を実施しました。


Femin LP-50にて有機物と錆よりなる複合汚れの除去をします。
販売:アムテック株式会社


MINNCARにて除菌とCCaスケール除去、剥離作用による複合物の除去をします。
販売:ミンテック・ジャパン株式会社東和コーポレーション
| 透析液清浄化 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>